近況コラム
2013年7月16日

ヨコハマおもしろ水族館で笑いながらお勉強!


横浜でお子さま連れのご家族はもちろん、カップルや大人どうしもグループでも楽しめるスポットが「ヨコハマおもしろ水族館」です。 横浜中華街にほど近い山下町にあります。 水族館には400種類10000匹の海の生物たちが暮らしているのですが、住んでいる水槽が爆笑級なのです。 たとえば、タコの水槽はよく見ると、タコ焼きの鉄板が埋められています。 タコはタコ焼きを作る穴の中に入って、リラックスしています。 まさか、これが地上ではタコ焼きを作る器械だとは思いもしないことでしょう。 中には、水槽の中に和式便器が設置されている、おもしろ水槽もあります。 この中にはナマコが楽しげに暮らしています。 「ちょっとどうなの?」とツッコミたくなりますが、そこもご愛嬌ですね。 家族や仲間と爆笑しながら楽しめると思います。 一般的な水族館はシーンと静まり返るイメージですが、ここは笑いがこぼれる不思議な水族館なんです。 また、「赤ちゃん水族館」が併設されていて、ここには80の水槽の中に、海の生き物たちの赤ちゃんが暮らしています。 幼稚園をイメージした館内ですべり台やジャングルジム水槽などがあって、子供たちに大人気のスポットです。 みんなで楽しみながらも、海の生物たちのお勉強ができる素敵な場所ですね。

不思議な話を信じますか?

それは、世の中の不思議な噂や体験、現象等を7つにまとめたものです。
有名な物を並べてみれば・・
「13階段」「コックリさん」「トイレの花子さん」「口裂け女」等が有名ですね。
ここで皆さまにご紹介するのは競馬での七不思議です。
「え?競馬で七不思議?」なんて声が聞こえてきそうですが・・
実は競馬でも存在するのです。

競馬にも存在する不思議な話

特に有名なのは東京競馬場の第3コーナーにそびえ立つ大欅(おおけやき)の話ですかね。
一度でも東京競馬場で競馬を観戦されたことのある方ならば、目にした事があるとは思いますが、
あの大欅は競馬を観戦するうえで視界の邪魔になります。
ましてや、第3コーナーともなればレースも中盤。
誰もが鬱陶しく思えるあの木を何故、陣営は切ろうとしないのか。
この話の詳細は後程させて頂きますが、このように競馬でも、不思議な噂や体験、現象は存在するのです。
この手の話をするとよく「こんなの全部作り話だろう」なんて言われます。
確かに、こういったものは所詮噂であり、実際に体験された方が本当にいるのか、私にもわかりません。
私自信こういった現象や体験に出会ったことも、見た事もありません。
ハッキリ言って、信憑性はゼロに近いかもしれません。
しかし、昔からのことわざでこういうものがあります。
「火のない所に煙は立たぬ」
ほんの少しでもその事実がなければ、そもそも「うわさ」が立つはずがない。
という意味です。
もしかしたら、これら七不思議は本当に起きていることなのかもしれませんね。

不思議な話を通して競馬を伝える

さて、ここまで競馬七不思議について書かせて頂きましたが、
何も私は皆さんを怖がらせようと思って書いているわけではありません。
ではなぜこのような事を書いたのか。
それはこのページをご覧になる事によって、少しでも皆さんの競馬に対するイメージを変えたかったのです。
競馬とはあまり良いイメージでは見られません。なぜなら競馬はギャンブル、賭け事だからです。
日本人の性質からしてこういった賭け事はよく毛嫌いされます。
確かに競馬はどこまで言ってもギャンブルです。
勝てばお金が増えますが、負ければ当然お金も減ります。
しかし、競馬はそこだけじゃありません。
表面上では語りつくせない、面白い見どころがたくさんあるのです。
いち競馬ファンとして少しでも競馬の魅力を皆さんに伝えたい・・・。
そういう思いで私は今回、筆をとりました。
普段とは違った競馬の見方の一つ、この競馬七不思議で一人でも競馬に対して興味をお持ち頂ければ幸いです。

不思議な事ってありますよね。目に見える物だけが存在しているわけではないんだなと、不思議な話を聞く度に思います。
目に見えないといえば、運もその一つ。ついてる日ってあるじゃないですか。
ちょっと気が大きくなって宝くじ買おうなんて。しかし賭け事となると、運も大切ですが予想や経験も大切ですよね。そんな
競馬をやった日がラッキーな日だった時の為に無料の競馬予想で知識をつけて予想をたてときましょう!
何もしないより、競馬予想を考えてついている日は大勝の確率、普通の日も勝率アップに繋げましょう!