「ミラクルおじさん」

2003年、宝塚記念。
今でこそ日本競馬最高峰のレースと言えば「有馬記念」でしたが、
その当時では国内最高のレースとして開催されていたのがこの宝塚記念です。
そしてその2003年の覇者となったのが「ヒシミラクル」という馬です。
優勝賞金は1億3200万円が支払われました。
しかしその翌日、ワイドショーは騒然となります・・・。
実はその宝塚記念で馬券2億円を当てた男性がいたのです。
それがこの「ミラクルおじさん」。
彼は単勝で競馬を当て続けてその投資金を転がしていき、
宝塚記念では1200万円をヒシミラクルの単勝に投じました。
当然大金が動いたため、当時は一時的にヒシミラクルが一番人気にのし上ったそうです。
彼が受け取った払戻金額は約2億円。ヒシミラクルの優勝賞金は1億3200万円。
事実上、優勝馬に支払われる金額よりもはるかに多いものでした。
これには優勝騎手も「わたし以上の勝負師ですね、大変素晴らしい。」と
感心のコメントを入れたそうです。
ちなみに呼び方は
「ミラクルおじさん」「ヒシミラクルおじさん」「2億円おじさん」等、様々な呼び名があります。
「 WINSのプロ馬券師 」
これは私の友人から聞いた話であり、正確なWINSの場所や、その馬券師の姿は知りません。
その馬券師は言うそうです。
「次のレース教えてやるから、飯奢ってくれよ。」
そして、そのレースの予想はどれも大穴(当たる確率の低い馬)ばかり。
一見、ふざけた予想なのですが、次の瞬間その馬がピッタリ同じ着順でゴールしたそうです。
私自信、こういった人物にはあった事がありませんが、
ご飯一食でそんな予想を教えてくれるなら、一度でいいから会ってみたいものですね。